FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふすまのリメイク

悲惨なふすま
我家の悲惨な襖・・・

もちろん(?)子供達の仕業です。
子供が落ち着いたら(そんな日が来るのか!?) 直そうと思っていたのですが・・・

枠を外します。
襖貼り、建具屋さんに頼んだら、1枚3000~8000円。
自分でやったら材料費だけで済むけど、またやられたら再度自力でする気力ないなぁ~と思いましてね。


破れない材料リメイク、試してみました。


今年の誕プレのトリマー


↑8mmのストレートビットで溝を掘ります。けっこう楽しい。


↑6mm厚の中空ポリカボネート(乳白色)
 ホームセンターでカットしてもらって 10,500円也。
 工務店で手配してもらって6~7000円くらいだったかと。

 掘った溝に差し込んで、スクリュー釘で留めていきます。

普通の引戸と違って襖枠は細いので、溝の掘り込み深さとか気を使いました。
割れてしまいそうなんで。

他の木製建具もけっこう痛んでます。
作り直したほうがいいかもしれませんが、そこだけ妙に新しくなるのも変だし・・・
ピカピカに新しくすればいいってものではありませんね。



できました~!


底にすべりシール貼って。


敷居すべり貼りなおして。


吊りこんでみます。


階段上がった踊り場、襖閉めたら真っ暗になるのが気になってまして・・・
これなら部屋の電気がついていると、行灯のようにポワーっと明るくなります。

木目模様の壁、新築時のままです。
白色に塗ったら踊り場も、もっと明るくなるとは思うけれど・・・
ピカピカに新しくすればいいってものではありませんね。


※建材の見本にしたり、使い勝手などを自分で確かめるために自宅で試しています。
※漆喰やフローリングも部屋によって変えてみたり。
※DIYの場合、自分でできるように簡単な収まりになっています。


↓参加しています。ポチッとお願いしますm(_ _)m


- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。